「米山新知事を励ますつどい」

 11月20日、ホテルハイマートにて「米山新知事を励ますつどい」を開催しました。第1部は米山新知事、森ゆうこ参議院議員の講演でした。
 励ますつどい2.jpg

 米山さんは県知事選の勝因として①福島事故の検証なくして再稼働なしという主張に大義があったこと、➁指揮官(森ゆうこ選挙対策本部長)の陣頭指揮がすばらしかったこと、➂米山陣営が相互に尊敬しあっていたことなどを挙げました。


  その通りと思いますが、②と➂だけ私がこの選挙期間中で見て思ったことを書きます。

 ②について。森さんは、県知事選で候補者探しに奔走しました。民進党が自主投票を決めた後でもあきらめず、「原発問題を争点にすれば勝てる」と最後まであきらめませんでした。候補者が決まらなくても、街宣車を用意し、掲示用ポスターの紙(すぐには手配できないそうです)を早くから抑え、県内3地域の事務所も抑え、2連ポスターの図案まで用意していました。決まらなかったのは候補者だけでした。森さんの執念と周到な準備があったからこそ、告示日前6日での立候補でもすぐに遅れを取り戻し、相手方陣営とどがっぷりよつの闘いができたのだと思います。


  ➂について。他方の米山さんは、考えの違う人の意見でも傾聴に値するものはすべて取り入れていたのではないかと思います。それが彼の言っていた「お互いを尊敬する」という意味に思いました。講演でも、米山さんは、森さんから「米山さんはいつも演説が長い」と言われ、短くしたら聴衆に受けた、その後にもう一度長くしてみたらやっぱり聴衆からは受けなかった、それで森さんのいう事もごもっともと思って演説を短くした、と言っていました(森さんと米山さんは、選挙戦の中で時には激論を交わしたというお話も聞いていますが)、米山さんの他者を尊敬するという姿勢が、陣営の大同団結を維持させて目標に向かって前進させる大きな要因になっていたものと思われます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「米山新知事を励ますつどい」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.baba-law.jp/cmt/mt-tb.cgi/1083

コメントする

このブログ記事について

このページは、馬場秀幸が2016年11月23日 21:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いよいよ「米山新知事を励ます集い」開催します!」です。

次のブログ記事は「米山新知事を励ますつどい・懇親会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0