いわゆる「共謀罪」について その2

 共謀罪について反対だと言って、また「おまえは反対か?」と思われる。思われるのは仕方ないが、その怖さをうまく普通の人たちに伝えられないことをすごくもどかしく思う。

 私は、今回の「共謀罪」法案に心の底から反対する。なぜなら、冤罪が作り出されることの怖さ、警察の思い込み捜査の怖さを仕事を通じて実感している。「共謀罪」は間違いなく冤罪を生み出す。

 冤罪は、思ったよりも身近にあることを知ってほしいと思う。

 普通の人々は、冤罪なんてマスコミで報道される事件程度のものとしか思っていない。たしかに、冤罪を「裁判で無罪になる事件」だと限定すれば、無罪事件は起訴されたうちの僅か1%と言われている。少ないのだ。しかし、嫌疑を受けて逮捕・強制捜査された結果不起訴になる事件もある。例えば、任意捜査で2ヵ月近くも警察から出頭要請を受けて取調べを受け、その結果捜査機関側が途中で捜査を断念するという事件もある。こういう「捜査段階での冤罪」も「冤罪」ということになると、すごく事件数も多くなるはずだ。

 「裁判上の冤罪」も「捜査段階での冤罪」も、疑いをかけられる生身の人間には大変な疲労感をもたらすことには違いがない。こういう「捜査段階での冤罪」は、思い出すだけでも2回経験がある。

 そして、日本人は、警察のように強いものから疑われたり凄まれたりすると、その場から逃れようとしてその強いものの誘導的な質問に迎合するかのような供述を始める。これは、経験した人でないとわからない。

 私の依頼者Aさんは、ある法人の経理を担当していた。日々の業務で帳簿と実際の現金の流れと辻褄の合わない部分があった。それを法人の理事たちが集まった場所で理事たちから執拗に追及された。孤立無援のAさんは頭が真っ白になり、着服してしまったかのような供述をした。そして、その供述を録音され、業務上横領の疑いで逮捕・拘留された。このAさんは幸い不起訴になった。しかし、預金の履歴や買い物の履歴を見ても、Aさんが着服したという根拠になる証拠はなかった。民事事件で法人が損害賠償を求めることは理解可能だが、警察の強制捜査までするべき事件ではなかったと今でも思っている。

 私の依頼者Bさんは疑いをかけられて連日長時間の取り調べを受けた。これも、結局、警察から疑いをかけられて頭が真っ白になり捜査官に迎合する供述をした。そうしたら次の日から関係者が次々と取り調べを受け、関係各所に警察が資料の提出を求めていった。興味深かったのは、警察の執拗な捜査の過程で、実際になかった事実が、さもあったかのように作られていくのだ。

 つまり、私たちは強いものには弱い。その場から逃げたい気持ちで強いものに迎合して自白を取られる。横領罪でも、お金の動きがはっきりわからない場合は、Aさんの場合のようにお金の流れが明らかになるような自白を警察は求める。収賄財のように「お金を渡しました」「お金を受け取りました」といった供述が決定的となるような犯罪は、警察は必死になって自白をとる。

 共謀罪も、収賄罪と同じように、「犯罪を計画しました」という供述が決定的な証拠となる。自白をとるために警察は必死になる。取り調べられる側は、警察の取り調べが怖くて、その場から逃れたくて、ついつい捜査官に迎合する供述をする。そこで、本来ないはずの事件が作られていくことになるだろう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いわゆる「共謀罪」について その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.baba-law.jp/cmt/mt-tb.cgi/1091

コメントする

このブログ記事について

このページは、馬場秀幸が2017年1月22日 17:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いわゆる「共謀罪」について。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0