証人喚問 政権側の印象操作に騙されるな。

 政権側は、籠池理事長を威圧的に尋問し、最終的にはその証言の信ぴょう性がないといって森友学園事件の幕引きを狙うだろう。国民の側は、こういう印象操作に絶対乗らないことが肝腎だ。

 この場合、100万円の現金を昭恵夫人が籠池側に差し出したかどうかの事実が一つの争点になるのは間違いない。

 籠池側のストーリはこうだ。

 「2015年9月5日(土)に明恵夫人が講演のために幼稚園に来た。主人からですと言って100万円を籠池に手渡した。籠池はそれを受け取って、9月7日の月曜日に郵便局に払込伝票を使用して森友学園の払込口座に振り込んだ。その時、控伝票に「安倍晋三」と書き込んでいたところ、局員に本伝票の名義人と控伝票の名義人が違うのは困るといわれて、「森友学園」に訂正した。」

  昭恵夫人がお金を差し出したという直接的な証拠はない。しかし、籠池の話は具体的であり自然である。①当時は、安倍首相も昭恵夫人も、森友学園の教育方針に共鳴していた。よくぞ、安倍の理念を実現する小学校を造る決意を固めてくれた、よくぞ、昭恵を名誉校長にしてくれたという気持ちを込めて祝儀との意味合いでお金を渡すということも不自然ではない。②振込票の控えに当初「安倍晋三」と記載している。これは、100万円が安倍総理から渡されたものであるということを籠池側で記録する意味だったとしか考えられない。③また、安倍総理が手の平を返して籠池を「しつこい」とつけ放した後も、昭恵夫人が講演料などのお金のやりとりにつき籠池側にメールをしていたという事実は、金銭の何らかのやりとりがあったのではないかということを疑わせる。

 私は、直接証拠がないので、「渡した」とまでは認められなくとも、「渡した可能性はゼロではない」と考える。昭恵夫人側には黒でも白でもなく灰色なのだ。民事訴訟で争われれば、立証できていないということで籠池側は敗訴ということになる。それを政権側は、立証されていないことを強調してくるだろう。

 しかし、不思議だ。真剣にシロクロつけたいのであれば、他の関係者をどうして聞こうとしないのか?特に、私は昭恵夫人の話しを聞いてみたい。9月5日は、名誉校長就任のために幼稚園に来園したわけだ。その時の「お気持ち」はどうだったのだろうか?祝儀のいくらか出してあげたいという気持ちになったのではないか?

 そもそも、籠池だけを弾劾して昭恵夫人などの他の関係者を呼ばないで勝敗をつけようとする政権側の態度自体問題で、公平な審理の前提を欠いている(あくまで民事訴訟は公平な審理のもとになされている)ことを私たちは理解するべきだ。

 また、そもそも民事訴訟と政治とは別である。政治は国民の信任に依拠して行われる。「渡した可能性がゼロではない」のであれば、国民の不信感は払拭されることがない(私たちは払拭してはいけないのだ)。その疑いを払拭する責任は常に政権側にあるからである。

 私たちは、政権側の「印象操作」に騙されないこと、疑惑が何ら払拭されていないではないかということを堅持する必要がある。

(2017年3月19日 初稿、20日全面改訂)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 証人喚問 政権側の印象操作に騙されるな。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.baba-law.jp/cmt/mt-tb.cgi/1095

コメントする

このブログ記事について

このページは、馬場秀幸が2017年3月19日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 証人喚問 争点が矮小化されないことを望む」です。

次のブログ記事は「証人喚問 籠池証言の結末と安倍政権」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0