雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: 書籍の記事一覧

NEW3月18日 寺脇研 映画「子どもたちをよろしく」

2020.03.18

 映画「子どもたちをよろしく」がシネウインドで上映される。  この映画を企画したのは、元文部省官僚だった寺脇研さん。「オリンピックやカジノなど、景気を気にしてばかりの社会の在り方に「違和感を抱いている」と言う。「景気は子 …

NEW3月16日 観たい映画に読みたい本その5 ブレイディみかこと『イエスの生涯』

2020.03.16

 朝日新聞の3月14日のbe on Staturdayの一面の「フロントランナー」はブレイディみかこさん。  家は裕福ではなかった。親は交通費のかからない近所の高校でいいといったが、中学の先生の勧めで私立高校に進学した。 …

NEW3月10日 観たい映画に読みたい本 その4

2020.03.10

 今日は映画2つに本1つ。 〇『ジュデイ 虹のかなたに』(イギリス)  「オズの魔法使い」「スター誕生」の主演で人気を博したジュデイ・ガーランドの晩年の孤独な姿を描いた映画。「他人の寂しさも包み込むような歌声が心に染みる …

3月1日 観たい映画に読みたい本 その3 

2020.03.01

〇『古くてあたらしい仕事』(島田潤一郎著 新潮社・1980円)  「東京・吉祥寺に「夏葉社」という小さな出版社がある。編集経験ゼロで出版社を設立し、編集・営業、事務などをたった一人でしているのが著者だ。自らの歩みを振り返 …

2月24日 観たい映画に読みたい本(新聞の書評欄から)

2020.02.24

(以下は朝日新聞2月22日) 〇『上野新論 変わりゆく街、受け継がれる気質』(筑波大学准教授五十嵐泰正著、せりか書房・3300円) 「山の手と下町が出会い、歩いて回れる範囲に集まっているのが上野だ。・・・千葉県柏市生まれ …

2月16日 観たい映画に読みたい本

2020.02.16

映画「影裏」大友啓史監督 2月14日から全国公開。最近松田龍平が出演した「歪んだ波紋」「ストレンジャー~上海の芥川龍之介」を観て、ステキな俳優と思っていた。観たいなあ。 映画「山中静夫の尊厳死」村橋明郎監督 2月14日か …

ヤマザキマリ『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)

2019.12.25

 『テルマエ・ロマエ』の作者ヤマザキマリが書いた母親「リョウコ」の物語。昨日はなかなか眠れず夜通しで読んでしまった。  リョウコは1933年に神奈川県の鵠沼で生まれた。元々は深窓の令嬢だったらしい。カトリック系の女学校で …

ヤマザキマリ『仕事にしばられない生き方』(小学館新書)

2019.12.24

 これは2018年10月発行されたもの。  最近ヤマザキさんが実母のことを書いた『ヴィオラ母さん』(文藝春秋社)についての書評を読んで、それを探していたところ、『仕事にしばられない生き方』も見つけてこちらから先に読ませて …

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー』(新潮社)

2019.12.22

 どの本屋に行っても平積みにされて売られている。ベストセラーなのが信じられない。けどうれしい。  ブレイデイみかこはロンドン在住の保育士でライターでコラムニスト。イギリスの現代子育て事情を日本人の視点から描いたもの。イギ …

宮口幸治 『ケーキの切れない非行少年たち』(新潮新書)

2019.12.21

センセーショナルなタイトルで気になり読みました。きわめてまっとうなことが書かれています。 本を要約すると次のような内容になります。 「発達障害や知的障害を持った子どもたちには認知機能に弱みがある。こういう場合には、思考の …