Jack Land 相談室 上越エリア情報誌 ジャックランド

アパートから退去する場合に、どういう状態で貸主に返還をする必要があるのでしょうか。

アパートから退去する場合に、どういう状態で貸主に返還をする必要があるのでしょうか。

原状回復義務とは?

借りた土地や建物を貸主に対して返還する際、借り手は借り始めた時の状態に戻さなければなりません。これを原状回復義務といいます。

例えば、借り手は、建物から退去するにあたって自分の家財道具をすべて持ち出して清掃をします。これが原状回復の具体的内容です。清掃後に大家さんに部屋の状況を確認してもらいますが、これは、原状回復義務が果たされているかどうかを確認してもらうために行っているわけです。

畳の表替えは必要か?

よく問題になるのは、畳の表替えや壁紙の張替えなどを借り手の負担でする必要があるかということです。一般に、建物は普通に暮していても、時間がたてば傷みや汚れが出てきます。だから、畳や壁紙の汚れが通常の使用の結果生じたものであれば、貸したかどうかに関係なく発生するものといえますので、それは借り手に負担させるべきではないこととなります。

他方で、借り手の不注意で雨が吹き込んで床の色が落ちていたり、台所の油汚れがひどく簡単に取れないような状態であったりする場合には、借り手の責任で修繕をして原状回復する必要があるでしょう。

費用負担については、敷金の返還にからんで貸主と借り手との間で紛争になることがよくあります。そのため、国土交通省は裁判例をもとに「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を公表しています。これは、具体例が掲載されていますので、退去時の参考になるでしょう。

賃貸借の途中で改装した場合はどうなるか

最近受けた相談例で、従来住居として使用していた建物を、店舗に改装して借りていた場合の原状回復はどうすればよいのかというものがありました。

一般的には、改装は家主の同意が必要とされています。だから、家主の同意で改装をしていた場合には、改装した状態のままで返還すればよいはずです。しかし、長年住んでいるうちに改装の必要性が生じ、ついつい家主の同意を得なくても大丈夫と思って改装をしてしまったりすることもあり得ます。このような場合には、改装前の元の状態に復する義務が借り手にあります。

しかし、そうなると予期しない費用がかかるわけですから、建物の構造を変えてしまうような場合には、必ず家主の同意を取り付けておくことが必要でしょう。