雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

1月22日 BSフジの「海街ダイアリー」を観る

2021.01.22

 2014年の作品です。私は最近になって広瀬すずさんという女優を知りましたが、映画で「すず」を演じた彼女は17歳。若いなあ。
 ストーリーは、鎌倉で暮らす3姉妹が、父が離婚した後に再婚でできた娘を呼び寄せて4人で一緒に暮らすという物語。長女は綾瀬はるか、次女は長澤まさみ、三女は夏帆、そして四女が広瀬すず。実力派俳優が勢ぞろい。それぞれの娘さんたちが素晴らしく個性的でおもしろい。
 是枝裕和監督の作品は、私たちのどこにでもある平凡な日常生活をうまくストーリー化しているので、感情移入がしやすい。この話も、結婚を繰り返した男性の情けない話でもある。もともと3姉妹の親父は3人の母親だった女性と婚姻して鎌倉で暮らしていた。ところが、女性と不倫をして家を出て離婚。その不倫相手とは再婚してすず(四女)を生んだ。しかし、親父はその不倫相手と死に別れ、その後、山形のひなびた温泉町にすずと行きそこで3番目の女性と結婚するが、今度は親父が死んでしまう。すずは親父とも死に別れたが、葬儀に来た3姉妹に声をかけられ、鎌倉に転居して共同生活をするというもの。
 映画のキャッチフレーズは「家族を捨てた父が、のこしてくれた家族」24日も、BSフジで「そして父になる」が放映される予定。
 映画っておもしろい!

馬場秀幸  カテゴリー:書籍