雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

月別: 2020年6月の記事一覧

NEW6月30日 最低賃金で働く

2020.06.30

 新潟県の最低賃金は現在830円だ。  ボクのお客さんで最低賃金ギリギリで働く人を2人知っている。いずれも女性でシングルマザーだ。  その一人は、最低賃金の改訂の時期になると落ち着かないという。最低賃金が代われば自分の給 …

NEW6月29日 女性から別れを告げられたらどうする?

2020.06.29

 前にも紹介しましたが、日曜10時のNHKBSプレミアムドラマ「珈琲屋の人々」、先日は最終回でした。  壇蜜さん演ずるおでん屋を切り盛りする女性、実は2年前にDV夫からやっとの思いで逃げてきて一人で飲み屋をやっていた。と …

NEW6月28日 FM PORTが閉局

2020.06.28

 FMPORTの朝の顔だった遠藤麻理さん。番組を始めた当初、朝のナビゲーターはさわやかではつらつとしていなくてはという固定観念があり、ホットヨガやっている、アロマやっているとウソをいい、声のトーンも無理して高くしていた。 …

NEW6月27日 村上春樹『猫を捨てる 父親について語るとき』(文藝春秋)

2020.06.27

 今まで村上春樹さんの本は読んだことがありません。自分の周りの知人友人で愛読している人をしなかったし、薦めてくれる人もいなかったから。何よりも現代のベストセラー作家は自分には縁遠いと自ら思い遠ざけていたのかもしれません。 …

NEW6月26日 解散総選挙は遠くない?

2020.06.26

 コロナウイルスの感染者が増加している。こんな状況で解散総選挙なんてありえないと思うのが普通だと思うが、権力者はそうは考えていないようだ。  支持率が上昇していないからといって解散をしないとは限らないらしい。負けるにして …

NEW6月25日 ミネルヴァ法律事務所 破産

2020.06.25

 過払い金「ビジネス」が息詰まったのでしょうか?  過払い金が発生する原因となったサラ金の高金利も、最高裁判決や貸金業法の改正により利息制限法の範囲に収まることになったため、多重債務者も年々減少傾向になることは、事務所の …

NEW6月24日 「黒人たちの受難」

2020.06.24

 人種差別の是正を訴える「ブラック・ライブズ・マター」がアメリカで力強く根強く展開されている。  作家小野正嗣は、黒人たちの受難の経験を綴る文学を紹介し、どうして僕らはその受難の経験を読もうとするのかと自問する(朝日新聞 …

NEW6月23日 今日は沖縄慰霊の日「忘却は過去に対する非礼であり、現在将来に対する驕りである」

2020.06.23

 今日は沖縄慰霊の日だ。  75年前の日米戦争。太平洋の島々を占領した米軍は、日本本土に攻め込む足場に沖縄を選んだ。本土上陸を恐れていた日本側は、米軍を沖縄で足止めさせようと時間稼(かせ)ぎの作戦で対抗した。  米軍は4 …

NEW6月22日 面会交流について

2020.06.22

 事情があって子と離れた親が子との面会をすることを面会交流という。  子と離れた事情はその多くが親同士のもめごとであり、子が小さいと実際に面会交流を求めるのは子を監護養育する親に対してということになる。だから、もめること …

NEW6月21日 今日は夏至

2020.06.21

 今日は日曜。でも一日事務所で過ごしてしまった。お客さんとの打ち合わせが終わって時計を見たら、午後8時を過ぎていた。さすがに事務所の周りも暗くなっていた。明日から今度はどんどん短くなっていく。子どもの頃は一日一日なかなか …