雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: 仕事の記事一覧

NEW6月30日 最低賃金で働く

2020.06.30

 新潟県の最低賃金は現在830円だ。  ボクのお客さんで最低賃金ギリギリで働く人を2人知っている。いずれも女性でシングルマザーだ。  その一人は、最低賃金の改訂の時期になると落ち着かないという。最低賃金が代われば自分の給 …

NEW6月22日 面会交流について

2020.06.22

 事情があって子と離れた親が子との面会をすることを面会交流という。  子と離れた事情はその多くが親同士のもめごとであり、子が小さいと実際に面会交流を求めるのは子を監護養育する親に対してということになる。だから、もめること …

NEW6月17日 改正民法を一通り読み終える。

2020.06.17

 改正民法(債権に関わる部分)が2017年5月に成立し、今年の4月から施行された。  他の弁護士は知らないが、3年前に改正されてからつい最近まで一切改正内容について知ろうともしなかった。なぜなら、施行されない以上、あえて …

6月3日 コロナのとばっちりその17 その弁護人の気持ちよくわかる!

2020.06.03

 「マスクをつけて弁護はできない」  2カ月ぶりに再会された東京地裁での裁判員裁判。裁判官や裁判員、検察官らはマスクをつけたが、弁護人がマスクを拒否。開廷直後、裁判長が弁護人に「マスクをして頂けませんか」と要望したが、弁 …

5月30日 少年法の適用年齢引き下げは賛成?反対?

2020.05.30

 少年法の適用年齢を20歳未満がから18歳未満に引き下げる改正案に対し、元裁判官177人が連名で反対する意見書をまとめた。  少年法の適用年齢引き下げは、2017年2月から法制審議会で議論されてきた。しかし、賛成、反対で …

5月29日 まだ始めたばかりの事件ですが その6

2020.05.29

 2月27日のブログに記載していた事件、何とか解決できそうです。  私の依頼者(A、知的障害あり)が、知人(B)に騙されて消費者金融3社との間で貸金契約を締結されてしまったという事件。1社から貸金請求の裁判が起こされてい …

5月17日 コロナのとばっちりその7 賃料の支払猶予

2020.05.17

 売上があってもなくても発生する費用のことを固定費という。その典型が賃料だ。  売上が減少しても、店をしばらくの間休業にしたとしても、建物や土地を借りていたとしたら、その家賃や借地代の支払をしなければならない。こういう事 …

5月13日 コロナのとばっちりその5 事情変更の法理で乗り切れ。

2020.05.13

 今日は外国人旅行客専門の旅館の相談だった。今年の3月頃から客足が途絶え、売上は9割減。業者に清掃業務を委託していた(継続的な委託業務契約)が、この先しばらく客もこないので清掃の必要もない。契約を解除することができるか? …

5月10日 コロナのとばっちりその3 カード払いよりも現金払いで!

2020.05.10

 この前、仲町を歩いた。ほとんどの店が自粛の張り紙をして店を閉めていた。個人でしている食堂や居酒屋は大変だ。  連休明けに営業時間の制限などは解除されるようだが、それでもしばらくの間、大変な状況が続くことは間違いない。 …

5月9日 コロナのとばっちり 面会交流の中止相次ぐ

2020.05.09

 新型コロナウイルスの感染拡大が、離婚などで離れて暮らす親子の面会交流に影を落としている(朝日新聞2020.5。09)。  当事者団体が、アンケート調査を実施して面会交流への影響を聞いた。男女107名が回答。大半は月1回 …