雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: 仕事の記事一覧

NEW9月14日 自営業者の涙

2020.09.14

 自営業者の男性に泣かれた。  もう70を過ぎて高齢だ、新型コロナウイルスで売り上げも減った。そこで、店を閉めると銀行に伝えた。そうしたら銀行から、店の建物を売却してほしい、売却して債務が残ったら、子どもさんが引き継ぐこ …

NEW9月 7日 離婚女性の相談は男性弁護士でもできるのかどうか?

2020.09.07

 離婚の相談をする女性は、依頼するのだったら女性の弁護士にしたほうがいいのか男性でもいいのか迷うのではないでしょうか?  同性のほうが自分の立場を理解してくれるのではないかと思うのではないでしょうか?  同性であることは …

8月 2日 人間は強い時もあれば、弱い時もある。

2020.08.02

 8年前にALSを発症した医師の竹田主子さんは、こう語る。 「ALS患者でも無限に活動的になれる。国内外を飛び回って活動する人、介護事業所を立ち上げた人、子育てや孫育てをする人もいる」「大半の医師はこうしたALS患者の心 …

7月25日 嘱託殺人について

2020.07.25

 刑法は自殺をした人の責任は何も規定していない。ただし、自殺に関与した他人の行為は犯罪になる(自殺関与、嘱託殺人)。  つまり、自らが自分の命を絶つことはやむを得ないが、他の人の命を絶つことに関与することは違法である、と …

7月10日 せめて親の責任くらいは果たしてほしいと思うのだが。

2020.07.10

 婚姻が破綻した夫婦間の係争で、夫が自分の生活や多額の借金があることを理由に婚姻費用や養育費の支払を拒否している事件に遭遇している。  せめて親の責任くらいは果たしてほしいと思う。  家裁の実務では、養育費は夫と妻の収入 …

6月30日 最低賃金で働く

2020.06.30

 新潟県の最低賃金は現在830円だ。  ボクのお客さんで最低賃金ギリギリで働く人を2人知っている。いずれも女性でシングルマザーだ。  その一人は、最低賃金の改訂の時期になると落ち着かないという。最低賃金が代われば自分の給 …

6月22日 面会交流について

2020.06.22

 事情があって子と離れた親が子との面会をすることを面会交流という。  子と離れた事情はその多くが親同士のもめごとであり、子が小さいと実際に面会交流を求めるのは子を監護養育する親に対してということになる。だから、もめること …

6月17日 改正民法を一通り読み終える。

2020.06.17

 改正民法(債権に関わる部分)が2017年5月に成立し、今年の4月から施行された。  他の弁護士は知らないが、3年前に改正されてからつい最近まで一切改正内容について知ろうともしなかった。なぜなら、施行されない以上、あえて …

6月3日 コロナのとばっちりその17 その弁護人の気持ちよくわかる!

2020.06.03

 「マスクをつけて弁護はできない」  2カ月ぶりに再会された東京地裁での裁判員裁判。裁判官や裁判員、検察官らはマスクをつけたが、弁護人がマスクを拒否。開廷直後、裁判長が弁護人に「マスクをして頂けませんか」と要望したが、弁 …

5月30日 少年法の適用年齢引き下げは賛成?反対?

2020.05.30

 少年法の適用年齢を20歳未満がから18歳未満に引き下げる改正案に対し、元裁判官177人が連名で反対する意見書をまとめた。  少年法の適用年齢引き下げは、2017年2月から法制審議会で議論されてきた。しかし、賛成、反対で …