雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

月別: 2019年12月の記事一覧

NEW相続放棄のススメ

2019.12.31

 「相続放棄」が増えている。2018年は約21万件で10年前の1.5倍に増加した(朝日新聞2019.12.31)。  被相続人に負債しかない場合に、相続人が負債の引継ぎを断ち切るために相続放棄を利用する。最近はそればかり …

NEW大村秀章 表現の自由を水際で守ってくれた人

2019.12.30

 今年は、憲法上の人権である「表現の自由」が安倍政権から極めて露骨に攻撃された年だった。そして、それに抗う揺るぎない人たちがいるというのもわかった。  愛知県知事大村秀章さんは、「表現の不自由展・その後」の中止を決めなが …

NEW年賀状を郵便局に運んで少し落ち着く。

2019.12.29

 今日はこちらからお送りする年賀状を郵便局に持参しました。郵便局の前の通りは年賀状を持ってきた人たちの車で混雑していました。郵便局へはわずかな距離なので徒歩で。晴天で気持ちよかったです。何とか年賀状を運び終えて気持ちも落 …

NEW二日酔い

2019.12.28

 昨日は仕事納めで事務所の仲間と忘年会。ついついいい気分で飲んでしまいました。  そのため、今日は二日酔いです。でも、午前中、携帯電話の機種変更をし、午後は依頼者と打ち合わせ。

NEW仕事納め

2019.12.27

 事務所は本日が今年の最終仕事日でした。明日からは1月5日までお休みさせていただきます。

NEW「82年生まれ、キム・ジョン」のその後

2019.12.26

 以前、韓国の小説「82年生まれ、キム・ジョン」を10月12日付の「雪の街だより」で紹介した。女性が日常で経験する差別を淡々と描いた小説である。  朝日新聞の特派員メモによると、この小説はその後映画化され、韓国では観客3 …

NEWヤマザキマリ『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)

2019.12.25

 『テルマエ・ロマエ』の作者ヤマザキマリが書いた母親「リョウコ」の物語。昨日はなかなか眠れず夜通しで読んでしまった。  リョウコは1933年に神奈川県の鵠沼で生まれた。元々は深窓の令嬢だったらしい。カトリック系の女学校で …

ヤマザキマリ『仕事にしばられない生き方』(小学館新書)

2019.12.24

 これは2018年10月発行されたもの。  最近ヤマザキさんが実母のことを書いた『ヴィオラ母さん』(文藝春秋社)についての書評を読んで、それを探していたところ、『仕事にしばられない生き方』も見つけてこちらから先に読ませて …

次々と連続ドラマが終わる12月。

2019.12.23

 今年は、自分としては近年すさまじくテレビドラマを観た年であった。  1月の「ハケン占い師アタル」に始まり、「ベビーシッターギン」「私定時で帰ります」「凪のお暇」「これは経費で落ちません」「盤上のアルファ」「盤上の向日葵 …

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー』(新潮社)

2019.12.22

 どの本屋に行っても平積みにされて売られている。ベストセラーなのが信じられない。けどうれしい。  ブレイデイみかこはロンドン在住の保育士でライターでコラムニスト。イギリスの現代子育て事情を日本人の視点から描いたもの。イギ …