雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW3月26日 3月は別れの月

2020.03.26

 弥生3月は、日本では別れの季節でもあります。
 ボクの場合、転勤、転職、転地はよほどのことがないので、もっぱら親しい方を送るほうになります。
 高校の時に中国の王維という詩人の漢詩を学びました。

元二を送る              げんにをおくる
渭城の朝雨 軽塵を浥す        いじょうのちょうう けいじんをうるおす 
客舎青青 柳色新たなり        かくしゃせいせい りゅうしょくあらたなり
君に勧む更に尽くせ 一杯の酒     きみにすすむさらにつくせ いっぱいのさけ
西のかた陽関を出ずれば 故人無からん にしのかたようかんをいずれば こじんなからん

 旅館の前の柳が、朝の雨に濡れて青々と鮮やかになっている。その光景を目にしながら、旅立つ友人に酒を注ぐ。
「もう一杯飲んでくれよ。もうあちらに行ってしまったら、君に酒を注ぐ人もいないんだから」
 
 50歳を過ぎると、この詩の気持ちがじーんと心にしみてきます。

馬場秀幸  カテゴリー:その他