雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW4月30日 明日から5連休

2021.04.30

 昨日と今日で連休明けの課題をほとんど仕上げたので、少しはゆっくり休めそうだ。といっても、天候は余りよくない。今日も雨が降っていた。ゴールデンウイーク中に雨が降り続くというのも珍しい。家でのんびりするしかない。
 東京都が若者対象に「なぜ外出するのか?」というアンケート調査をした(TBSニュース)。
 感染者が増加しているのにどうして外出するのだろうか?アンケートをとるまでもないのではないだろうか?それは、コロナの恐ろしさがまだ多くの人に理解されていないからだと思う。ニュースで報道されていることが、今一つ自分の身近な生活に直結しないのだ。どこか他の国の出来事であるかのように思うからだ。国や都はデータを豊富に持っているのに、感染がどのようなプロセスで起きるのか?感染するとどのような生命や身体へのリスクを負うのか?を伝えることができていないのではないか。
 池袋の暴走事故で、旧通産省官僚だった被告人が「アクセル踏んでない」と弁解をした(朝日新聞21.4.28)。余りに荒唐無稽な弁解だ。弁護人も辛いだろう。さすがに被告人にそれは違うだろうとは言えない。高齢者の免許更新には厳しい条件を付けざるを得ないだろう。田舎では、高齢者から免許を取り上げることを人権侵害だという人もいる。自家用車より他に自由に動ける交通手段がないからである。タクシーは高い。バスは数時間に1本しか運行しないところもある。自宅からバス停までの距離もある。ホントに老人に車の運転をどういう条件で認めるか認めないかということは、田舎の場合人権問題になっている。

馬場秀幸  カテゴリー:その他