雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW6月15日 乾杯の音頭

2022.06.15

 コロナ禍も収束に向かっている。久々に家族親戚集まって食事会をすることになった。
 祝いの宴でもあるので、乾杯で始めたほうがいいだろう。乾杯の音頭は誰にしてもらおうかと思案したが、わが父にしてもらうことにした。
 ただ、何回も書いてきたように、父は90を超えている。最近では孫の名前すら忘れてきてしまった。何も言えなくなってしまうのは困るので、私が台本を書いてあげることにした。
「馬場〇〇です。私は、△△△の祖父(そふ)です。新郎の◇◇◇さん、新婦になる△△△さん、ご結婚おめでとう。すえながく幸せに暮らしてください。二人の門出を祝って乾杯(かんぱい)します。乾杯(かんぱい)!」
 字をワードの字体で20ポイントにでかくして印刷して父に差し入れた。とちらないでくれるといいのだが。

馬場秀幸  カテゴリー:日常