雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW8月27日 コロナのとばっちりその71 夜の仲町を再び歩く

2021.08.27

 高田の駅前を歩く。人気の居酒屋でさえ誰も人が入っていなかった。枝豆をつまみながら店主に話を聞くと、コロナのおかげですべて予約がキャンセルされてしまったという。
 ところで、ボクの親戚に枝豆を栽培している農家がある。枝豆は今が旬だが、その販売も例年通りにはいかないらしい。コロナ禍で人が飲食店に行かない⇒枝豆の消費量が少ない⇒枝豆の仕入れも少なくなる、ということのようだ。コメも同じだ。去年はコロナ禍でコメの消費量が激減した。今年はコシヒカリですら販売価格が大幅にダウンしそうだ。困っているのは飲食業ばかりでなく、生産する人たちもしんどい思いをしている。

馬場秀幸  カテゴリー:その他