雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW8月27日 今年は夏バテせずに終わりそうだ。

2020.08.27

 中学校時代の同級生と話をした。「そういえば、夏は水泳授業をしたけれど、水着姿でプールサイドに立って寒くて唇が紫色になったときもあったよね」そう。夏でも結構涼しいというか寒い日があったのだ。小学校の授業では気温が何度以下なら水泳授業はしないという決まりがあったらしい。同級生はそういうことを覚えていた。最近は水泳授業もやらなくなったようだ。
 さて。
 何とか夏バテもせずこの夏を終えそうだ。
 今年の夏は、走り込んだ。そういうとカッコいいが大したことはない。走る距離はおそらく他の人に比べればわずかな距離だ。しかし、それでも汗をかくと気持ちがいい。外が暑ければ暑いほど汗を流したくなる。汗が出るまで体を動かす。走ってもいいし歩いてもいい。汗が出ればその日はよしとする。そんな気持ちでやってきたら長続きができた。
 それから、夜は頭を使わない。早めに寝る。眠る直前にいろいろ考えすぎて眠れなくなり、次の日がまったくムダになることもある。それを極力やらないようにした。昨年に比べれば睡眠時間も増えたのではないだろうか。それから、仮に睡眠不足でも、空いている時間があったら横になって目を閉じる。これは自営業者だからこそできるワザだと思う。5分でも10分でも眠れただけで頭が楽になる。ストレスがなくなる。

馬場秀幸  カテゴリー:その他