雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW今日はメーデー!

2019.05.01

 今日は、友人と楽しい食事をしてそのまま上越地区労連のメーデーに参加しました。
「8時間は仕事に、8時間は休息に、8時間は自分の好きに」というスローガンがあります。19世紀のアメリカで当時1日10時間を超える長時間労働に苦しめられていた労働者たちの訴えです。この主張を掲げたデモ行進は、メーデーの起源にもなりました。私は、このスローガンが大好きです。
 働かなければ生きていけません。けれども睡眠や余暇を取らないと精神や身体がおかしくなって働くことすらできなくなります。このスローガンは、時空を超えて過労死や過労自死が社会問題化する現代にも生きる言葉だからです。
 日本の労働組合の組織率は17パーセントです。ほとんどの労働者が未組織で、会社との関係では一人きりの状態におかれ、労働者としての権利が保障されていません。
 労働者の皆さん、メーデーに来たくなければ無理して来なくてもいいですよ。
 でもね。
 8時間労働のスローガン、労働基準法と同じで労働者の教典なんです、それを身につけて困ったときの武器にしてください。権利は行使しなければ「絵に描いた餅」で意味がないんだから。

馬場秀幸  カテゴリー:日常

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です