雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW打越さくら対話集会 その3(本題に戻る)

2019.06.29

 本題に戻る。
 なぜ、有田さんが打越さくら支援のために新潟に?「打越さんがいいんじゃないかと推薦したのは私です!」
 これには会場がどよめいた。続けて以下のような話をされた。
 「私は名誉棄損の裁判をやっています。昨年、弁護士さんたちと忘年会をしたときにある弁護士さんが「弁護団には打越さんに入ってもらいましょう」と言いました。何でと問うと、「あの人は裁判所(裁判官?)を引き付ける不思議なキャラクターがある」と言うんです。ということで私の裁判の弁護団に入ってもらいました。」
 たしかに、なんとなくわかる。この前の糸魚川の集会で、森ゆうこ参議院議員は、打越さんについて「この人、空気を読まないんですよね」と言っていた。一見失礼な言い方だなあと思ったが、有田さんの話と合わせると、彼女は外の空気や雰囲気にも動じない核になるものを持っているってことなんだろうか?
 そういう人を新潟から当選させるというのもなかなかおもしろい。有田さんの話を聞いて会場の雰囲気もずいぶんと変わった感じになっていった(この項続く)。

馬場秀幸  カテゴリー:その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です