雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW金融庁の報告書のこと

2019.07.03

 金融庁の報告書について、「野党が上げ足を取っている」「髙い年金をもらう人が不満を言っている」と揶揄する人たちがいるが、問題を矮小化している。問題の核心は、政権が不都合な事実を隠したことである。これでは議論のしようがないではないか?
 そもそも高齢者人口の割合が年々増加すれば年金財源が不足することくらいわかるはずだ。不足するという事実に怒るのではなく、それを補う政策論議をしないことに私たちは怒っているのだ。
 普通の年金を貰う人でさえ2000万円が不足する。国民年金の人は満額貰っても月額65,000円程度である。生活に支障が出ること明白である。無年金の人はなおさらである。国民的な議論をしなければ、この国は亡びるのでは?
 明日から参議院議員選挙が始まる。この選挙で民主主義を取戻したい。

馬場秀幸  カテゴリー:その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です