雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW1月13日 雪庇を落とすのに一苦労した日

2021.01.13

 雪もやっと降りやんだ。今日は陽も差してくれていい天気になった。
 事務所の北側部分は大手町通の歩道に接している。そのため、事務所の屋根のヘリに雪庇がせり出して今にも歩道に落ちそうだ。雪庇が歩道に落ちて通行人にあたり、通行人がケガをしたら、間違いなく建物所有者の責任になる。これは、過去の裁判例にもあった。
 雪庇を落とすためには屋根に上る必要がある。危険なのでやりたくはない。しかし、除雪業者はどこも忙しいようだ。なので、結局自分が屋根に上がることにした。
 10年前に事務所の建物を建てた。その1年目と2年目はいずれも大雪になり、下屋の雪下ろしは、私が屋根に上ってやった。しかし、その時はまだ体が動いた。今とは違う。
 おそるおそる屋根に上る。積雪量に驚いた。積もっている雪は1.5mくらいはあった。屋根から落ちないように屋根のへりを確認する。スコップで雪庇を落とすが、スコップに体がもっていかれないように注意する。気をつかいながらの作業で疲れてしまった。

馬場秀幸  カテゴリー:その他