雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW10月16日 「上から目線」という表現について

2020.10.16

 立憲民主党の枝野代表が、一カ月の菅首相の政権運営を顧みて「安倍政権以上の上から目線」と評しました。
 野党には頑張ってもらいたいと思いますが、この表現は正直今一つなのではないでしょうか。
 「上から目線」というのは普通の日本語の辞書にもない新語です。それも、態度のデカい人に対して、気に入らないという感情的な意味合いを込めて用いる言葉です。政治家はもっと理性的な言葉を使ってほしいと思うんです。一般に受け入れるようにかみ砕いた表現にしようと思ったのかもしれませんが、聞いていて正直幼稚な表現だと思いました。
 それだけでなく、「上から目線」が「態度がデカイ、ケシカラん」という意味だとしたら、それは政権の表面をなぞっただけに過ぎず本質を言い当てていないような気がする。態度がデカくてもいいことをやっていればいいのですが。菅政権の問題は態度がデカく、しかも、安倍政権以上にひどいことをしている。そのひどいことの本質をわかりやすく言い当ててほしい。
 私なりに菅政権を一言でいえば「恐怖政治」「強権政治」「法の支配蹂躙」てところでしょうか。これも、わかりにくいと批判されるかもしれませんが。

馬場秀幸  カテゴリー:その他