雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW11月7日 同性には厳しく異性には甘い?

2021.11.07

 たまに事件の評価がわからなくなるときがある。例えば、不倫をした男性が妻と離婚をしたいという。男性の行動や妻との生活など細かな一つ一つの事情を評価しなければならない。そういう場合、女性から話を聞くと妻側に厳しかったり、男性に話を聞くと不倫をした夫側に厳しかったりする。人は総じて同姓に厳しく異性に甘い?調停をしていても、女性の調停委員、なんでこんなに女性に厳しいんだなんて思うことがある。
 一般化はできないが、同性だから私の気持ちをわかってくれるはずというのは必ずしも言えないのではないかと考える。

馬場秀幸  カテゴリー:その他