雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW9月15日 敬老の日

2022.09.15

 いつからか敬老の日は年によって15日だったり別の日になったりするようで、お年寄りのお祝いの日という意味は少しうすれてきたように思われる。現実的にもまわりは高齢者ばかりだし、お祝い気分も薄まって当然かもしれない。
 我が家の高齢者2名も、ともに91歳で、すんなりと90歳超えをしてしまった。10年前だったら、90歳になった人をすごいなあとみていたが、この10年で90歳超えも普通になった感じがする。
 父は最近物忘れが多くなってきた。デイサービスがないときは一日中ソファに座ってテレビを見、見ないときは目を閉じている。ただし、預金や保険の通知が金融機関からくると家じゅうを動き回ったり、関係者に電話をかける。デイサービスは当初行くのはいやがったが、入浴サービスを受けるようになってからは文句も言わずに通っている。
 母は週3回透析に通っている。病院への通院が日常的なので健康も良好である。そして、体調がいいときは畑に出て仕事をしている。おそらく最後は畑と心中するんだろうなあ。
 今日は敬老の日。

馬場秀幸  カテゴリー:日常