雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW6月7日 日銀総裁の「値上げを許容している」は責任回避としか思えない。

2022.06.07

 物価上昇を抑えるための方策の一つは、金利を引き上げること。金利の引き上げは日銀の仕事である。しかし、日銀は金利引き上げの操作ができない。金利引き上げをしてしまえば、政府の国債発行も困難になるからだろう。
 こういう状況での日銀総裁の「値上げを許容している」という発言は、金利引き上げをしたくてもできない日銀の責任回避のための発言としか思えない。実質賃金は減少しているとさえ言われている。支出増を補うほどの収入増がないということだ。許容していることはありえないだろう。
 さて、欧米が金利を引き上げるのに対して、日本はゼロ金利のまま。円は売られて円安と物価高が進行する。これに対して政府は有効な手段を講じていない。しかし、野党の側も同じで、物価高を批判するものの、対抗するべき政策を作りあげていない。このまま円安、物価高が進行すると、日本はとんでもないことになる。

馬場秀幸  カテゴリー:その他