雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

年別: 2020年の記事一覧

NEW8月 2日 人間は強い時もあれば、弱い時もある。

2020.08.02

 8年前にALSを発症した医師の竹田主子さんは、こう語る。 「ALS患者でも無限に活動的になれる。国内外を飛び回って活動する人、介護事業所を立ち上げた人、子育てや孫育てをする人もいる」「大半の医師はこうしたALS患者の心 …

NEW8月 1日 特養「あずみの里」事件で逆転無罪判決その4

2020.08.01

 介護の現場での事件は慎重な捜査が必要だと前回述べた。もう一つだけ。    介護現場で高齢者の事故があると、家族のクレームに介護施設が悩まされることがある。家族は施設に利用者を預けていてその介護の現場で何が起こったのかは …

NEW7月31日 特養「あずみの里」事件で逆転無罪判決その3

2020.07.31

 ドーナツを食べていた高齢の女性が突然意識を失った、その近くで看護師が他の利用者の食事の介助をしていた。看護師はその女性のドーナツを食する行為に何も関わっていない。この状況で、どうして看護師の過失を問おうとしたのだろうか …

NEW7月30日 8000万枚のマスク配布中止は英断。早く臨時国会を開け。

2020.07.30

 政府が8000万枚の布マスク配布を中止したという。英断である。浮いた費用を他に回してほしい。  野党が臨時国会の召集請求をする方針を固めた。憲法は、いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣はその招集を決 …

NEW7月29日 特養「あずみの里」事件で逆転無罪判決その2

2020.07.29

(事件の概要)  2013年12月12日午後3時20分頃、特養施設の食堂で85歳の女性入居者がおやつとして提供されたドーナツを食べていたところ意識を失った。女性はその後救急搬送されたが、意識がもどらないまま2014年1月 …

NEW7月28日 特養「あずみの里」事件で逆転無罪判決

2020.07.28

 長野県安曇野市の特養施設「あずみの里」で2013年、入所者の女性がドーナツを食べた後に意識を失って1カ月後に死亡したことを「窒息事故」として、介助していた准看護師が業務上過失致死罪に問われた裁判。一審は罰金20万円の有 …

NEW7月27日 高田世界館で「嵐電」を観る。 

2020.07.27

 嵐電は嵐山電鉄の略称だ。京都市内の北部を走る都電である。  それをを舞台にした物語。  正直、ストーリーがほんわかとぼかされていてよくわからん。3つの男女がそれぞれの触れ合いを描くのだが、どこまでが現実でどこからがファ …

NEW7月26日 京アニの事件から1年

2020.07.26

 スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件が1年前の7月18日。それから1年が過ぎた。「亀有」の秋本治さんがエールを送る「京アニゆっくり前へ」(朝日新聞2020.7.18)の記事が読んでて泣ける。   …

NEW7月25日 嘱託殺人について

2020.07.25

 刑法は自殺をした人の責任は何も規定していない。ただし、自殺に関与した他人の行為は犯罪になる(自殺関与、嘱託殺人)。  つまり、自らが自分の命を絶つことはやむを得ないが、他の人の命を絶つことに関与することは違法である、と …

NEW7月24日 コロナのとばっちりその33 総理は国の方向性を自らの言葉で語るとき

2020.07.24

 なぜ、安倍総理は国民の前に出て話をしないんだろうか?  GOTOキャンペーンの初日、感染者数が900名を超えて過去最高になった。このままアクセルをふかし続けていいのか?それとももう一度物や人の動きにストップをかけるべき …