雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: その他の記事一覧

NEW5月21日 「余人をもって代えがたい」と言って定年延長をしたことについての説明を果たせ!

2020.05.21

 今日の安倍総理の記者会見の内容ほどむごいものはない。  黒川検事長の定年延長の要請をしたのは法務省だったとして、責任回避する姿勢が露骨に顕れていた。法務省が「定年を延長できない」という法を犯してまで黒川の定年延長を進言 …

NEW5月20日 東京高検検事長 三密で賭けマージャン。

2020.05.20

 黒川東京高検検事長、連休中に新聞記者と賭けマージャン。  これが真実だとしたら、賭博罪。辞任では済まされず、懲戒免職の可能性大。  「余人をもって代えがたい」と言って法を破って定年延長を断行し、それを糊塗するために法ま …

NEW5月19日 コロナのとばっちりその8 特別定額給付金の申請用紙が送られてこない?

2020.05.19

 事務所の朝早く電話がきた。  「私のところにまだ10万円の申請用紙が送られてこないんだけれど?」と男性が電話をしてきた。  数か月前に道路交通法違反で執行猶予判決を受けた男性だった。  男性によれば、4月の市議会選挙の …

NEW5月18日 芸能人の政治発言への批判は、所詮「素人は政治に口を出すな」と同じこと。

2020.05.18

 検察庁法の改正が今国会見送りになりました。  皆さんが声を出したことの賜物です。私は素直に喜びたい。まだまだ楽観はできませんが。  「検察庁法の改正反対」のツイッターが500万以上になりました。その中で多くの芸能人や著 …

NEW5月15日 岩手県達増拓也知事「第1号になっても県はその人を責めません」

2020.05.15

 新型コロナウイルスの感染者が全国で唯一、確認されていない岩手県の達増拓也知事は15日、「第1号になっても県はその人を責めません」「感染者は出ていいので、コロナかもと思ったら相談してほしい。陽性は悪ではない」と呼びかけた …

NEW5月14日 検察庁法改正について

2020.05.14

 検察官の定年は63歳。定年延長の定めはありません(検察庁法)。国家公務員法には定年延長の特例がありますが、検察官の準司法的な職務の観点から、国家公務員法は検察官には適用なしとされてきた。  この確定した法解釈を無視し、 …

NEW5月12日 芸能人が政治的発言をしてはいけない理由はない

2020.05.12

 芸能人が検察庁法改正に批判のツイートをした。  いいじゃないか!何が悪いんだ? と私は思います。  芸能人も日本に住む一人の人間で生活をしている以上、政治と関わりができる。そういう状況で発言して何が悪いんだ? わけもわ …

NEW5月11日 コロナのとばっちりその4 「野ブタ。をプロデュース」

2020.05.11

 詳しいことはよくわからんが。  4月に「野ブタ。をプロデュース」特別編を放送する、というから観てみたら、ただの再放送だった。1回きりと思っていたら次もその次もということで結構毎週楽しみに観ています。放送予定だった「未満 …

5月3日 「十把一絡げの否定」ではなく「必要最小限度」の精神を!

2020.05.03

 今日は日本国憲法の記念日だ。なんか書いておかなければ・・・。  今新型コロナウイルスが原因で、芸術家のコンサートも、政治や文化的な集会も演説会も制約を余儀なくされている。サービス産業も業務の自粛、移動の自由さえ事実上奪 …

5月2日 任意と強制

2020.05.02

 被疑者に対する刑事の取り調べには任意によるものと強制捜査に拠るものがある。任意は非強制だから、イヤだったら拒否してもよい。少なくとも、ボクらはそう教えられてきた。  ある日、ボクの依頼者が勤務先の金を横領した容疑で某警 …