雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: その他の記事一覧

望月衣塑子『新聞記者』(角川新書)を読む。その2

2019.07.19

 一人の記者が何回も質問すると他の記者が質問できなくなったり、定例会見がなくなったりする。それが困るというのが記者クラブの「総意」だと言われたのだ。また、あるときは、朝日新聞社の南彰記者が挙手をしていたにもかかわらず、幹 …

喧嘩と家族

2019.07.15

 三連休のため、家族と話をする時間が少し増えたので、いろいろなことを考えた。今日は夫婦喧嘩や親子喧嘩だ。   友人とケンカをした場合、その友人に愛想をつかしたならもう付き合いをしなければいい。しかし、家族の場合は違う。イ …

疲れたあ~4

2019.07.13

 午前中は弁護士会の法律相談。午後1時30分にかに池公園で野党共闘の街頭演説に参加。その後事務所に戻り原稿書き。何とか書き終えた。

疲れたあ~3

2019.07.12

 午前は離婚調停。午後は刑事事件。夕方は労働事件の打合せで事業所で打ち合わせ。労働者の方々が三々五々集まって自分の思いを語ってくれた。後で報告書として裁判所に提出する予定。 疲れたが、それが終ると年に一度の高田の弁護士仲 …

参議院議員選挙も中盤に入りました。

2019.07.10

 今日は、比較的相談などを入れないようにしていましたが、夕方から「打越さくら」選対会議に参加しました。疲れましたが、有意義な会議でした。当選に向けて頑張ります!

上越民主商工会定期総会に参加

2019.07.09

 7月7日の日曜日は、上越民主商工会の定期総会に参加した。  民主商工会というのは自営の商工業者の集まりで、大工さんから飲食店経営者、化粧品小売りなど実に様々だ。  私は、弁護士1年生の時にこの民商の事務局長にお世話にな …

新潟県人かどうかはそんなに重要なことなのか?

2019.07.07

 安倍首相は、7月5日の新潟の街頭演説で打越さくらさんについてこう述べた。 「相手候補は、当選するためだけにいきなり新潟にやってきた人。塚田さんは新潟のために働きたいとがんばっている。相手候補は新潟を利用してバッジをつけ …

教育も生活も自己責任なのか?

2019.07.06

 家庭の事件は、多かれ少なかれお金が関わってくる。特に子育てに関わるお金の問題は切実である。子育てに必要なお金がないとか、大学進学させてあげたくてもお金がないとか。この前も家事調停で、奥さんが娘には自分でお金を出せず奨学 …

生活ドラマのこと。「わたし、定時で・・・」から「ベビーシッター・ギン」へ

2019.07.04

 仕事で疲れても、普通の日は散歩もする時間もないのでとりあえず家に帰ってテレビを観る。  最近のテレビドラマはお薦めで以前ご紹介したように「わたし、定時で帰ります」はよかったなあ。私たちの何気ない日常生活や労働がそのまま …

金融庁の報告書のこと

2019.07.03

 金融庁の報告書について、「野党が上げ足を取っている」「髙い年金をもらう人が不満を言っている」と揶揄する人たちがいるが、問題を矮小化している。問題の核心は、政権が不都合な事実を隠したことである。これでは議論のしようがない …