雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

年別: 2019年の記事一覧

いつの間にやら夏祭り

2019.07.24

 祭囃子が聞こえてきた。子どもたちが小さいと、毎年それなりにわくわくし家族にとっては特別な日であったが、子どもが大きくなるともう祭りも関係ない。だから、毎日仕事に追われていたら、あっと言う間に夏祭りの日が来てしまった。 …

疲れたあ~5

2019.07.23

 日曜日は20時が過ぎて上越市内にある選対事務所に向かう。事務所は関係者の方々が三々五々集まり次第にぎやかになる。テレビを観ているが、しばらくは動きがないので周りの人と雑談していて時間が過ぎる。午後10時近くにNHKで新 …

打越さく良 勇気をくれてありがとう! 

2019.07.22

 糸魚川の集会で、森ゆうこ参議院議員は、打越さんのことを「この人は空気を読まないんです」と言っていた。その時は失礼な言い方だなあと思ったが、実は最高の褒め言葉だったのだと今になって思う。  新潟の野党共闘は、県知事選、新 …

打越さく良 勝利しました!

2019.07.21

 打越さく良、勝利することができました。アリたちが力を合わせて巨大な象を倒したって感じです。彼女が言ったように「草の根の力」です。応援してくださった皆さんありがとうございました!

本日は参議院議員選挙運動の最終日

2019.07.20

 午前11時にいつものかに池交差点に集まって、それぞれが「さくら」「さくら」を連呼。最後にみんなで集合写真を撮りました。達成感100%、悲壮感0%でみんなの笑顔が美しい。このお仲間でいつも楽しく行動してきたことを誇りに思 …

望月衣塑子『新聞記者』(角川新書)を読む。その2

2019.07.19

 一人の記者が何回も質問すると他の記者が質問できなくなったり、定例会見がなくなったりする。それが困るというのが記者クラブの「総意」だと言われたのだ。また、あるときは、朝日新聞社の南彰記者が挙手をしていたにもかかわらず、幹 …

望月衣塑子『新聞記者』(角川新書)を読む。

2019.07.18

 2018年6月8日、望月記者にとっては2度目の官邸での質問だった。 この日、望月が文部科学省の総理のご意向文書の信憑性について何度質問しても、菅官房長官は木で鼻をくくった回答を繰り返すばかりだった。 望月「きちんと …

刑事弁護人としての履歴 その1

2019.07.17

 最近、否認事件の依頼を受けた。とりあえず自分の履歴を記録しておきたい。  新潟にいた時の事件(たしか弁護士2年目だった)。酔っぱらいの男性が古町の飲食店街を歩いていたところ、向うからやってくる女性にナンパ目的で声をかけ …

依頼者との話の仕方

2019.07.16

 依頼していた弁護士が余りにも威圧的で依頼を断ったという方が来た。  私も、他人のことをとやかくいえない、ということを話した。  離婚事件だったが、私の依頼者が自分の主張に固執し、何度も同じことを言い返して来た。私もいろ …

喧嘩と家族

2019.07.15

 三連休のため、家族と話をする時間が少し増えたので、いろいろなことを考えた。今日は夫婦喧嘩や親子喧嘩だ。   友人とケンカをした場合、その友人に愛想をつかしたならもう付き合いをしなければいい。しかし、家族の場合は違う。イ …