雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: 仕事の記事一覧

何を今さらと思う人はたくさんいるはず。

2019.12.10

 米山隆一前新潟県知事のツイッターより。 「「反社会的勢力排除条項」は政府の主導により極めて多くの契約書に入っている訳ですが、定義が定まっていないとなれば、その全てが無に帰します。総理一人の言い訳のために、反社会的勢力排 …

まだ始めたばかりの事件ですが。

2019.12.04

 知的障害を持った方の事件を受けました。知人に言われるがままにネットでお金を借りる契約をしたのです。 しかし、この方には契約をしたという意識がありません。この方が知らないところで、借りたお金は知人が使ってしまったようです …

いろいろな質問があって充実した勉強会でした

2019.11.30

今日は午前中板倉区に行って相続・遺言の話をさせてもらった。 相続・遺言の基本的な話になると、大体の流れは決まっていて、相続⇒相続人⇒相続分⇒遺産分割⇒特別受益⇒寄与分、そして遺言⇒遺留分と続く。なるべく1時間で話が終わる …

明日11月30日は学習会

2019.11.29

 寒くなってきましたね。  30日は午前中は上越市社会福祉協議会主催で板倉区で相続・遺言の学習会、午後からは糸魚川で「憲法を守る糸魚川共同センター」の主催で学習会。「参議院議員通常選挙の総括と9条改憲阻止の展望と課題」で …

刑事裁判 拘留180日ついに保釈が認められる。

2019.11.20

 刑事事件の被告人にやっと保釈が認められた。逮捕されてから今日で拘留180日。よくもここまで耐えてくれた。弁護人3名で頑張ってきた事件。感無量である。  一貫して否認を貫いていた事件である。今回の保釈請求おそらく5回目か …

刑事裁判 人質司法は全然改善されていない。

2019.11.19

 今日も、刑事裁判のお話です。カルロスゴーンの弁護人の高野隆弁護士。「私が日常的にやっているような否認事件で、第1回公判前に保釈が認められるケースは非常に少ない」(高野隆・大出良知「ゴーンさんの保釈はどのように獲得したの …

刑事裁判 「遮へい」は安易に認めるべきではない

2019.11.18

 今日は真面目に刑事裁判の話をします。  刑事裁判では、証人が被告人の面前で供述するときに被告人から圧迫を受けて精神の平穏を著しく害されるおそれがあると認められるときは、被告人と証人との間で相手の状態を認識することができ …

誠実さのかけらくらいは持ち合わせていたい。

2019.10.17

 弁護士をして21年経つのかな。最近はできる限りお客さんに事件の見込みを説明して共有するように努力しています。後になって「こんなはずではなかった」とか「あなたに支払ったお金がムダだった」とか言われたくないからです。  で …

反対尋問

2019.10.08

 この一か月、刑事事件の反対尋問の準備に時間を費やした。  本当に難しい。  準備は万全にしていたとしても、本番で集中力に欠けると臨機応変な対応ができなくなる。反対に、本番に集中していても準備が足りないと、効果的な反対尋 …

今月は5件の法律相談となりました。

2019.10.07

 今月は5件の無料相談の申し込みがありましたが、今日はとりあえず3名の方のお話を聞きました。  一つは、十数年前に私が破産の依頼を受けて破産免責をした方の相談。電話料金がどうも債権者リストから漏れていたらしく今になって請 …