雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: 仕事の記事一覧

5月17日 コロナのとばっちりその7 賃料の支払猶予

2020.05.17

 売上があってもなくても発生する費用のことを固定費という。その典型が賃料だ。  売上が減少しても、店をしばらくの間休業にしたとしても、建物や土地を借りていたとしたら、その家賃や借地代の支払をしなければならない。こういう事 …

5月13日 コロナのとばっちりその5 事情変更の法理で乗り切れ。

2020.05.13

 今日は外国人旅行客専門の旅館の相談だった。今年の3月頃から客足が途絶え、売上は9割減。業者に清掃業務を委託していた(継続的な委託業務契約)が、この先しばらく客もこないので清掃の必要もない。契約を解除することができるか? …

5月10日 コロナのとばっちりその3 カード払いよりも現金払いで!

2020.05.10

 この前、仲町を歩いた。ほとんどの店が自粛の張り紙をして店を閉めていた。個人でしている食堂や居酒屋は大変だ。  連休明けに営業時間の制限などは解除されるようだが、それでもしばらくの間、大変な状況が続くことは間違いない。 …

5月9日 コロナのとばっちり 面会交流の中止相次ぐ

2020.05.09

 新型コロナウイルスの感染拡大が、離婚などで離れて暮らす親子の面会交流に影を落としている(朝日新聞2020.5。09)。  当事者団体が、アンケート調査を実施して面会交流への影響を聞いた。男女107名が回答。大半は月1回 …

5月8日 コロナのとばっちりー結婚式場のキャンセル

2020.05.08

 新型コロナウイルスが影響で、結婚式場をキャンセルすることにした。この場合、キャンセル料は発生するか?  私は、キャンセル料は発生しないと思います。コロナウイルスの感染が日々発生している状況で、多数の来客を予定した結婚式 …

5月7日 遺産を渡す側からの「もめない遺産相続」のコツとは何だろうか?

2020.05.07

 やがては自分もいなくなるが、遺産相続でもめないコツを教えてほしい。  こういう相談は多いですよね。  私は二つ指摘しています。  一つ目。相続人間でもめそうなほどの資産があるのであれば、死亡するまでに全部使いきったらい …

4月18日 日本政策金融公庫の特別貸付制度

2020.04.18

 多くの業者が、新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが激減している。給付金が10万円でも30万円だとしても、それだけ給付を受けても事業の継続は困難である。何とか事業を継続しようとしたら、日本政策金融公庫の新型コロナウイ …

4月10日 麻生副総理 それを言っちゃあおしめえよと言っても通じないか?

2020.04.10

 麻生副総理、東京都が休業要請をした業者に対して協力金を出すことについて「東京都は払うだけの資金を持っているのだろう。他の県でもそれをやれるのかという感じだ」コメントした。  国って何のためにあるんですか?国民を守るため …

4月3日 井戸謙一「警察は組織として彼女の恋心を利用した」

2020.04.03

 西山美香さん再審無罪。  西山さんは、自分を担当した若い刑事に恋心を抱き、その刑事の関心を引こうとした。担当刑事も彼女の『恋心』を利用して都合のいい自白を作った。警察は一度有罪と思い込んだらなんでもする。捜査のために「 …

3月23日 無罪判決は、突然、天から降ってくる贈り物のようなものである。残念ながら。

2020.03.23

 今日は争っていた刑事事件の判決公判だった。幸いにも無罪判決をもらうことができた(関係者が多数おられるので事件の内容は書きません)。  過去にも一度無罪判決をもらったことがあるので、今回は二度目です。  拙い経験ですが、 …