雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

NEW1月7日 保釈制度を見直すなんて今さら遅いよな・・・。

2020.01.07

(保釈制度見直し)  森法相が、保釈された場合の被告人に対してGPSの装着を義務付けることなどを検討課題としている、と記者会見で述べた(1月7日 時事通信)。 当然、ゴーンが逃亡をしたことを受けての考えであるが、遅すぎる …

NEW1月6日 仕事始め

2020.01.06

 午後から打ち合わせを4件入れていた。一人で考えながら起案や本を読む作業をすることとお客さんの顔を見ながら対話をして仕事をするのとでは全然労働の質が異なる。後者のほうが圧倒的に大変だ。年末年始は所々で仕事をしていたがいず …

NEW明日は仕事始めです。

2020.01.05

 最近新聞で一番先に読むところはスキー場の積雪量です。一昨日から昨日にかけて雪がまとまって降ったらしくそれなりの積雪があり、上越妙高地域のスキー場の多くが滑走可能の〇印になっていました。私のお客さんにも妙高地域の方や雪に …

NEW相手に対する無理解、憎悪と憤怒が戦争を作り出す。

2020.01.04

 トランプ米政権がイラン革命防衛隊の司令官を殺害しました。トランプ大統領は、イランのテロ行為を止めさせることが目的だったとしてその正当性を主張していますが、この殺害行為がイランの国民の憎悪と憤怒を呼び起こし、イランの政権 …

NEW明けましておめでとうございます

2020.01.03

 高田は全然雪がありません。正直寂しいです。手持無沙汰というかなんというか・・・。雪がなくて動きやすいのはいいんですが。ずうっと冬は雪があるもんだと思って育ってきましたから、なんか体の一部が足りない感じがするのです。   …

NEW収賄罪捜査を自分なりの視点から考えてみる

2020.01.02

 収賄罪というのは、大雑把に言うと、公務員が職務の対価としてお金を受領することを処罰するというものだ。だから、捜査機関は、お金の流れを立証しなければならない。しかし、お金を渡す側もお金を受け取る側もそれを知っているから証 …

NEWカルロス・ゴーンの逃亡、国会議員の収賄罪捜査、波乱が予想される2020年。

2020.01.01

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。  カルロス・ゴーン被告がレバノンに行ってしまった。これは「出国」かもしれないが法的な目でみたら「逃亡」だ。「出国」と書いてある新聞はなんか生ぬるい気がす …

NEW相続放棄のススメ

2019.12.31

 「相続放棄」が増えている。2018年は約21万件で10年前の1.5倍に増加した(朝日新聞2019.12.31)。  被相続人に負債しかない場合に、相続人が負債の引継ぎを断ち切るために相続放棄を利用する。最近はそればかり …

NEW大村秀章 表現の自由を水際で守ってくれた人

2019.12.30

 今年は、憲法上の人権である「表現の自由」が安倍政権から極めて露骨に攻撃された年だった。そして、それに抗う揺るぎない人たちがいるというのもわかった。  愛知県知事大村秀章さんは、「表現の不自由展・その後」の中止を決めなが …

NEW年賀状を郵便局に運んで少し落ち着く。

2019.12.29

 今日はこちらからお送りする年賀状を郵便局に持参しました。郵便局の前の通りは年賀状を持ってきた人たちの車で混雑していました。郵便局へはわずかな距離なので徒歩で。晴天で気持ちよかったです。何とか年賀状を運び終えて気持ちも落 …