雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

教育も生活も自己責任なのか?

2019.07.06

 家庭の事件は、多かれ少なかれお金が関わってくる。特に子育てに関わるお金の問題は切実である。子育てに必要なお金がないとか、大学進学させてあげたくてもお金がないとか。この前も家事調停で、奥さんが娘には自分でお金を出せず奨学 …

楽な生き方、適当な生き方、いい加減な生き方

2019.07.05

 今日も人間関係に悩む方が来た。夫の家族や親戚との付き合いに悩んでいるのだった。  いやだったら、無理しないで付き合いを断つしかない。私はそう思う。  「病は気から」という。これは、私の弁護士経験からも本当に至言だなあと …

生活ドラマのこと。「わたし、定時で・・・」から「ベビーシッター・ギン」へ

2019.07.04

 仕事で疲れても、普通の日は散歩もする時間もないのでとりあえず家に帰ってテレビを観る。  最近のテレビドラマはお薦めで以前ご紹介したように「わたし、定時で帰ります」はよかったなあ。私たちの何気ない日常生活や労働がそのまま …

金融庁の報告書のこと

2019.07.03

 金融庁の報告書について、「野党が上げ足を取っている」「髙い年金をもらう人が不満を言っている」と揶揄する人たちがいるが、問題を矮小化している。問題の核心は、政権が不都合な事実を隠したことである。これでは議論のしようがない …

疲れたあ~2

2019.07.02

 今日は10時から11時30分まで離婚調停。11時30分に遺産分割の調停の電話会議で事務所に待機。なかなか終わらず12時30分までかかった。12時30分からは、13時30分から始まる離婚訴訟の当事者尋問の打合せ。13時3 …

疲れたあ~。

2019.07.01

 月曜日で新しい週が始まったばかりなのに忙しい一日だった。午前中は1件労働問題の相談を受けて11時半頃事務所を出て長岡に行った。刑事事件の判決公判。終ってすぐに高田に戻る。その後新規の相談や継続事件の打合せ。午後7時45 …

打越さくら対話集会 その4

2019.06.30

 有田さんの話は続く。 ※   ※   ※  本日発売の週刊新潮で櫻井よし子が「新潟の選挙おかしい」というタイトルでデタラメなエッセイを書いている。  「今、過去のどの時よりも拉致問題の解決が近づいている」と言っているこ …

打越さくら対話集会 その3(本題に戻る)

2019.06.29

 本題に戻る。  なぜ、有田さんが打越さくら支援のために新潟に?「打越さんがいいんじゃないかと推薦したのは私です!」  これには会場がどよめいた。続けて以下のような話をされた。  「私は名誉棄損の裁判をやっています。昨年 …

打越さくら対話集会 その2(集会と関係ない話)

2019.06.28

 あれは高校2年のことだった。高田駅前のバス営業所のベンチに座り、帰りのバスを待っていた。  一人の若い女性が現れてボクに声をかけてきた。「何か悩んでいることありますか?教会に行って一緒に考えてみませんか?」と言ってきた …

打越さくら対話集会 その1

2019.06.27

 今日は「打越さくら対話集会」に参加した。しかし、主役の打越さくらは来なかった。でもなぜか集会は盛り上がってしまった。それは一重に有田芳生参議院が来てくれたからだった。  打越さんが来れなかったことは後で書くとして、主役 …