雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

今日はメーデー!

2019.05.01

 今日は、友人と楽しい食事をしてそのまま上越地区労連のメーデーに参加しました。 「8時間は仕事に、8時間は休息に、8時間は自分の好きに」というスローガンがあります。19世紀のアメリカで当時1日10時間を超える長時間労働に …

何もすることなくテレビを観る人には「わたし定時で帰ります」をお薦めします。

2019.04.30

 本日のテレビの特番にはまったく興味ありません。でもすることもないからテレビを観ようとするなら、TBS系の「わたし定時で帰ります」、NHKBSプレミアムの「ひとり紅白歌合戦」がお薦めです。

高田公園外堀沿いの菜の花が綺麗すぎる

2019.04.29

 休日でもあるし、気分転換に高田公園周辺を歩きました。高田公園外堀沿いの菜の花が綺麗すぎて泣けてきました。その後オーレンプラザの喫茶コーナーでコーヒーを飲んで一服。外堀から眺めた妙高山も最高。今年も「跳ね馬」が現れていま …

10連休ですが「子どもの日」があることを忘れないで

2019.04.28

 世の中10連休ですが、今年も子どもの日がやってくることを忘れずに。「子どもの日」には子とおとなとの関係について考えてみてください。  昨日、子どものホントの気持ちはわからないと書きました。作家のあさのあつこさんもこう云 …

子どものホントの気持ちなんてわからない

2019.04.27

子の親権や監護権をめぐる争いでは、子どもの意向調査がされる。子どもも「人間」として尊重されなければならない。だから父と母のどちらで生活することを希望するか。これを聴取することは当然だ。 しかし、子どもの真意を適切に把 …

「親権」は「親の権利」っていいますが、そう単純ではないんです

2019.04.26

 「親権」はどういう意味ですかと聞かれたら、「親の権利」と答えていますが、そう単純ではないんです。  親は、子の身の回りの世話をしたり、財産を管理したり教育に携わる。ただし、憲法的な観点からいえば子も親も等しく「人間」と …

ある債務整理専門法律事務所の話

2019.04.25

 ある女性のお客さん。  借金の返済に困って、マスコミで大々的に宣伝している法律事務所に電話をした。電話で応対したのはもっぱら事務職員だった。関係書類の受け渡しはすべて郵便。しばらくして1回だけ弁護士と電話で話した。その …

「個人請負」170万人

2019.04.19

 「企業から委託を受けて仕事をし、報酬を得る請負型の働き手が約170万人いるとの試算が12日、厚生労働省の検討会で示された。」(朝日新聞4月13日)。  こうした働き方は、インターネットを使ったビジネスの普及や政府が「副 …

副業の未来は明るいのか?

2019.02.02

最近、副業をしている人が増えているなあと感じてます。交通事故の事件で休業損害の計算をするのですが、副業収入も損害として認められるかという相談が最近あるのです。もちろん、理論上は認められますが、副業の場合、源泉徴収票が交付 …

国の立場と個人の立場 4

2019.01.26

 私は、国家の一員でもありますが、一人の人間(自然人ともいえますね)としての個人です。   一人の人間だからこそ、同じ人間である元徴用工の方が過去にどういう被害に遭ったのかを知りたい。   一人の人間 …