雪の街だより 高田在住の弁護士馬場秀幸のブログです

カテゴリー: 仕事の記事一覧

亀石倫子 新田匡央「刑事弁護人」を読む 。 その2

2019.08.22

 さて。亀石弁護士が接見室で被疑者との信頼関係に気配りを示しても、たいていの被疑者は一瞬、失望の色を浮かべる、という。  「あ、女か」「たよりなさそうだな」「若いから、たいして事件(の弁護)をやっていないだろう」(同書2 …

亀石倫子 新田匡央「刑事弁護人」を読む。

2019.08.21

 亀石弁護士はGPS捜査の違法性を最高裁に認めさせた刑事事件の主任弁護人。今年の参議院議員選挙では大阪選挙区で立憲民主党の候補として闘った人でもある。  この本は若手弁護士たちが裁判所や検察という国家権力に論戦を挑みみご …

夕方になって恵みの雨

2019.08.19

 休み明け初日。午前中は事件の調査のために松代に。午後は事務所に戻り休み中に連絡のあった関係各所に連絡。夕方になって待ち焦がれた雨が降りました。  今、ある刑事事件を弁護士三名で共同受任で頑張ってます。私は原則、事件は単 …

この前遺言書作成したばかりなのに。

2019.08.11

 今日は依頼者の訃報を聞いた。100歳を超えていた。この前遺言書を作成したばかりだった。遺言書を作成して後は大丈夫とホッとされていた。その安らいだ顔が記憶に残っている。お家では急な階段を上って私たちをびっくりさせていた。 …

生活保護受給申請のこと

2019.08.02

 生活保護の受給申請の付添をした。女性は内縁関係の夫が死亡して一人きりになった。無収入で遺族年金の受給もできるかどうかまだわからない。そこで、とりあえず生活保護を申請しようということになった。少しだけの時間、市役所の1階 …

刑事弁護人としての履歴 その6

2019.07.31

(すべてを失っている人だけが無罪を争うことができるというおかしさ)   否認を貫けば保釈は検察官立証が終らない限り認められない。したがって、被告人の身柄勾留は続く。これが人質司法だ。 まともな職をもっているものであれば、 …

刑事弁護人としての履歴 その5

2019.07.30

(ゴーンは特別?保釈の運用状況)   最高裁の統計によれば、第1回公判前に被告人が保釈された率は、2000年の48%から2017年の66%に増加している。これだけみると、被告人の身柄に関わる手続は改善されているともいえる …

刑事弁護人としての履歴 その4

2019.07.29

 被疑者が無罪を主張する事件では、いろいろな方から「善意」の忠告をされることがある。あいつ(被疑者)は素行が悪いとか、絶対に犯罪をしているんだとか。こういう場合は「雑音」として無視するしかない。そもそも100%善人な人間 …

司法関係者の夏休み

2019.07.28

 裁判所に夏休みはないが、裁判官はいずれも夏になると夏休暇を取る。したがって、8月は余り弁論や公判が入らないので必然的に弁護士も少し楽になる。  しかし、一刻も早く解決してほしいと思う依頼者にとっては、裁判官たちの夏休み …

刑事弁護人としての履歴 その3

2019.07.27

 母がかわいいと思っているわが子を殺めてしまったり、無理心中したりすることがある。  これは、考えてみればおかしい話だが、現実には怒ってしまうのだ。それは、人間も極限状況に追い込まれれば正常な判断ができなくなるからだ。 …